2012年07月06日

七夕のお話 その2

「 ささのは さ〜らさら のきばにゆれる
 お星さまキ〜ラキラ きんぎんす〜な〜ご 」


七夕抜き1a.png子供の頃は意味も解らず丸暗記で歌っていた童謡「たなばたさま」
今回、七夕伝説を調べるうちに、ふと疑問が湧いてきました。
「のきば」ってなんだろう? 「すなご」とは?
まぁ、何と言葉を知らないことか… 情けなくなります(笑)
そして、ちょっと調べたら、スッキリと疑問が解けました。
もしかしたら常識の範囲かもしれませんが…
七夕豆知識として少しだけお話させていただきます。

童謡や文部省唱歌の歌詞は 平仮名で書かれる事が多いので意味を推測するのが困難ですが、漢字を調べれば解決します!
「のきば」とは「軒端」と書き、軒の先端をさします。 和歌や古典によく登場する風流な単語です。 現在の言葉では軒下と思われがちですが、軒先(玄関先)と言った方が正確かと思います。
つまり、軒端にゆれる笹とは、家の戸外・表先に置かれた笹を示すと思われます。
七夕飾りは角松と同じく天に捧げるものなので室内には飾りませんものね。

041-horza.jpg

もう一つの「すなご」とは「砂粉」→「砂子」と書き、金銀砂子でひとつの言葉です。
金箔や銀箔を細かく粉のようにしたもので、伝統工芸品の蒔絵や襖の装飾などに用いられます。
金銀砂子を蒔いた状態が、空の星々 天の川を見立てた歌詞となったようです。
輝き、散りばめられた星たちを、当時、高価で貴重であったであろう金銀砂子のように美しいと表現したのでしょう。

七夕さまの歌詞で、お勉強させていただきました。

「たなばたさま」
作詞 権藤 花代・林 柳波、 作曲 下総 皖一 
JASRAC作品コード 046-0101-7




ラベル:軒端 歌詞 七夕
posted by 銀座ピアースビル at 18:25| 季節のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。